世界チャンピオンの本格中国料理店

横浜中華街をもっと知ろう〜中国に関する豆知識〜

グルメ

ホームパーティーに人気な中華総菜5選

中華料理は世界中の人々が食べる料理として、ポピュラーな料理です。普段私たちも何気なく立ち寄る飲食店も、中華料理を選択する時も多いのではないでしょうか?食べなれているメニューだからこそ、ホームパーティーの料理として人気があるのが中華総菜です。中華料理であれば、誰でも食べたことがあって、シェアしながら食事ができるメニューです。その中華総菜の中でも、持ちよりホームパーティーに人気な中華総菜5選をご紹介します。

1. エビチリソース

海老は日本人が大好きな食材の一つで、ホームパーティーの中華総菜で人気なメニューが、「エビチリソース」です!「エビチリソース」とは、四川料理のひとつで、甘辛に味付けされたチリソースで、プリプリのエビを炒めた惣菜です。本場の中華料理に比べて日本のチリソースにはケチャップやタマゴが加えられ、まろやかなアレンジが加えられています。また、豆板醤や、長ネギやにんにく、しょうがなどの薬味を隠し味で加えております。皆でシェアして食べる定番パーティーメニューのひとつです。

2. 八宝菜

「八宝菜」とは名前の通り、8種類の食材を組み合わせた中華総菜です。本場の総菜には、キクラゲ、エビ、シイタケ、ほしナマコ、タケノコ、ネギ、エンドウマメ、鳥肉など、8種類の食材を組み合わせて炒めます。
日本ではほしナマコは使わずに、うずらの卵や、ニンジン、チンゲン菜など野菜をたっぷりと使用して、片栗粉でとろみをつけたヘルシーなメニューとして人気があります。1皿で、様々な食材が食べられる人気中華総菜です。

3. チンジャオロース

「チンジャオロース」とは、細切りにした野菜と肉の炒め物です。野菜には細切り青や赤のピーマンが使われたり、細切りにしたタケノコなどが使われます。肉には、日本ではほぼ牛肉を細切りにして使用したものが多いです。中国では、主に細切り肉に豚肉を使用したり、鶏肉を使用しており異なります。肉に片栗粉をまぶしたものを、野菜と一緒に炒め、醤油などで味を付けたメニューです。

4. 酢豚

「酢豚」とは、豚肉がゴロゴロした料理で、角切りにした下味付の豚肉を使用します。衣をつけた豚肉を油で揚げ、それを甘酢のあんで仕上げた中華総菜です。中華料理には豚肉が使用されることが多いですが、豚肉を使用した代表的なメニューです。野菜にはピーマンや角切りにしたニンジン、ジャガイモ、タケノコが入っていたりもします。パーティーメニューですが、白米が食べたくなる一品です。甘酸っぱい味付けは、お子様にも人気なメニューです。

5. 餃子

「餃子」とは、小麦粉などで作った皮に、ひき肉やネギ、ショウガ、白菜、キャベツ、ニラなどを細かく刻んで、混ぜた餡を包んだ惣菜です。食べ方は、焼いたり、煮たり、揚げたりして食べられます。日本で餃子が食べられる様になったのは、100年程前と、比較的新しい食べ物です。
パーティーなどでは、一口サイズなどのかわいい餃子なども人気があります。ひとつひとつ包まれているので、ホームパーティ—のメニューとしては定番です。

■皆でシェアできる中華総菜

ホームパーティーに人気な中華総菜5選をご紹介しました!
どれも一度は食べたことのあるメニューばかりだったのではないでしょうか?
中華料理や円卓を皆で囲んで食べる為に作られている料理ですので、どのメニューもスプーンなどで、小皿に少しずつ取り分けられるものになっているのです。
好き嫌いがあっても、メニューの種類が豊富であれば、好きなものを、好きなだけ食べるスタイルで楽しめるのが中華総菜の魅力のひとつです。料理を盛るお皿や、盛り方をアレンジするだけで楽しいパーティーの演出が可能です。
ぜひ、あなたのホームパーティーで中華総菜を使ったメニューを取り入れてみてはいかがでしょうか?

先頭へ戻る