世界チャンピオンの本格中国料理店

横浜中華街をもっと知ろう〜中国に関する豆知識〜

知識

お年寄りの健康をサポートする豊かな社会の確認習慣

日本では、年齢を重ねたお年寄りたちも、生きがいを持って、健康的に、安心して生活のできる長寿社会としての環を整えて、その社会を築く活動が盛んです。具体的に国が「高齢者社会対策基本法」に基づいて、様々な政策が行われています。2001年には「高齢社会対策体網」という国の方針を定めました。その方針に基づいて、「地域包括支援センター」が設置されました。この施設は、高齢者が今まで住み慣れた地域で、生きがいを持って、活動的に生活を送る為の施設です。その施設には、高齢者の相談に乗ってくれる保健師や、看護師、社会福祉士、主任ケアマネジャーなどが常駐しています。

老人の日とは?

「老人の日」とは、1947年(昭和22年)に現在の兵庫県多可町八千代区、以前の兵庫県多可郡野間谷村の村長が作った日です。目的としては「老人を大切にし、老人の知恵を借りて村を発展させよう」ということでした。その当時決めたのは、「年よりの日」です。そして9月15日に「敬老会」を催し、その日を1951年(昭和26年)に現在の全国社会福祉協議会が「年よりの日」と定めました。正式の「老人の日」として決められたのが、現在の全国社会福祉協議会が「老人の日」と決定して、全国的な祝日として決められました。

老人週間とは?

「老人の日」9月15日から、9月21日までの7日間の期間を「老人週間」と定められています。「老人週間」とは、1951年(昭和26年)に当時の中央社会福祉協議会(現在の全国社会福祉協議会)が全国的な運動週間として提唱しました。目的はとしては、「老人を敬って、高齢化社会を迎える日本全体で、その対策を考え理解すること」と、「老人自身が高齢者としての社会の役割を持って参加する社会にする」ことです。「老人週間」では、各地で様々な行事が行われたり、ポスターなどを使っての広報活動が行われています。この期間で、より高齢化社会に対して、当事者とそれを支える世代双方でその課題を解決していく為の習慣です。

敬老の日とは?

「敬老の日」と「老人の日」というのは、元々2002年(平成14年)まで9月15日の同じ日だったのですが、2003年(平成15年)になると、「パッピーマンデー制度」という国民の祝日の一部を、特定週の「月曜日」に移動させた制度が2003年から実施されたため、元々祝日だった「敬老の日」を、9月の第3月曜日に移して3連休にしたので、2つに分かれてしまったという訳なのです。ゴールデンウィークに対して、この3連休を「シルバーウィーク」とも呼ばれています。「老人の日」の延長線上に「敬老の日」があり、その線をつないでいるのが、「老人週間」ということです。この期間は、社会と老人との関りを、再確認する期間として設けられているのです。ちなみに、中国では、旧暦9月9日を「高齢者の日」と定めています。

敬老の日におすすめギフト!

敬老の日におすすめのギフトとして、当店では今年も4種類の敬老ギフトをご用意しております。

・『親愛セット2,990円(税込)』

おじいちゃんおばあちゃん2人で楽しんで貰えるセットとしてご用意したのが、『親愛セット2,990円(税込)』です。1~2名様専用のセットで、内容は7種類の中華総菜が合計42個入っているギフトになっております。

・『敬愛セット3,990円(税込)』

何日かに分けて、おじいちゃんおばあちゃんに中華総菜を楽しんで貰う為のセットが『敬愛セット3,990円(税込)』です。2~3名様用でご用意しております。内容は、10種類の中華総菜が合計53個入っているギフトです。

・『最愛セット5,190円(税込)』

家族皆でわいわいと楽しんで貰いたいのが、『最愛セット5,190円(税込)』です。3~4名様用の、セット内容は10種類、67個入りです。おじいちゃんおばあちゃんと一緒にお召し上がりください!

・『至愛セット7,190円(税込)』

ちょっとリッチに家族で楽しんで貰いたいセットが『至愛セット7,190円(税込)』です。こちらのセットは、3~4名様用で、11種類の中華総菜が、71個入っているギフトです。

それぞれ、ご予算や人数に合わせてお選びいただけます!また、敬老の日ギフト特典として、「メッセージカード」がA・B・Cの3種類から選べます。今年の敬老の日のおじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントは、皇朝の『すごい敬老の日セット』をご利用ください。

先頭へ戻る